李可染

りかせん
中国諸作家 1907(清・光緒33) - 1989(中華人民共和国)

近代中国の書画家。江蘇省徐州の人。現代中国水墨画史上において、大きな影響を残した画伯と称されている。幼い頃より、山水画を学ぶ。13歳の時に銭松齢に入門、青年時代には魯迅が指導する「一八芸社」に参加。早くから筆墨を、自由自在に動かし、力強い山水画、古典人物と水牛を描くことでその名が広く知られるところとなった。 1946年に北京国立芸術学校専任教師となり、斉白石や黄濱虹に学んだ。新中国成立後は、中央美術学院の教師となり、中国美術家協会副主席、中国画研究院初代院長などを歴任。清新かつ、風俗を超越したその画風は、独白の風格を成し、国内外の称賛を得ている。

漓江天下景(1973)
漓江天下景(1973)
李可染の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名李可染
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×