孫文

そんぶん
中国諸作家 1866(清・同治5) - 1925(民国14)

近代中国の政治家。字は逸仙、号は中山。はじめ医師として世に出るが、革命思想を抱くようになり、興中会・中国同盟会などを組織。日本を始めとして諸外国を流転しながら亡命生活を送る。三民主義を唱えて辛亥革命を起こし、翌年に中華民国を建国、臨時大総統に選ばれたが、間もなく袁世凱に実権を与えてしまうこととなる。再び日本に亡命し、実業家・梅屋庄吉に支援を受けながら、反袁活動を展開する。1919年には中国国民党を結成して国共合作に奔走するも、「革命未だ成らず」の言葉を残して北京で没する。

行書五言聯
行書五言聯
孫文の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名孫文
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×