董基昌

とうきしょう
中国諸作家 1555(嘉靖34) - 1636(崇禎9)

字は玄宰、号は思白など。江蘇省華亭の人。明時代末期に活躍した文人。はじめ同郷の書家として有名な莫如忠に学び、その子是龍とも交わる。二王やその流れをくむ唐時代の名家、北宋時代のべいふつなどの書を学ぶが、項ゲンベンなど大収蔵家の下であらゆる肉筆作品を鑑賞、研究する機会に恵まれたことが書画家としての大成に大きく役立った。「行草書羅漢賛等書巻」(東京国立博物館)をはじめ、多くの作品が現存している。清の康煕帝が董其昌の書を敬慕した影響もあり、董其昌の書風は明末清初を通じて流行した。晩明の四大家の中でも特に後世に絶大な影響を与えている。

楷書陰符系府君碑合巻
楷書陰符系府君碑合巻
董基昌の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名董基昌
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×