胡鉄梅

こてつばい
中国諸作家 1848(清・道光28) - 1899(明治32)

清代末期の書画家。名は璋、字は鉄梅。安徽省桐城の人。画家胡寅の子。日本人女性・生駒悦と結婚し、晩年に来日して日本で画名が高まった。文人趣味の溢れた四君子・花卉雑画の類を得意とした。特に梅画は王冶梅と並んで有名である。また柚木玉邨など日本の南画家にもその技を伝え、明治後期の南画壇に影響を与えた。

封候図
封候図
胡鉄梅の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名胡鉄梅
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×