王鐸

おうたく
中国諸作家 1592(明・万暦20) - 1652(清・順治9)

明末清初の官僚、書画家。字は覺新、号は癡庵・癡僊道人など。河南省孟津の人。官僚として礼部尚書の位まで至ったが、明末の争乱期に遇い、清に降服。再び清朝に仕えたので、「弐臣」と非難を受けるが、その精神の根底には明朝への追慕があった。詩書画を能くし、特に書に於いて名を為す。魏晋に基礎を置きながら、古帖の臨書に精励して一家を成した彼は、歪みながら次々と連綿する、特徴的な独自の書風を確立。時代の流れに翻弄された彼の苦悩に重なるその書風に対して、書家・村上三島は「苦渋の書」として高く評価した。

王鐸
王鐸
王鐸の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名王鐸
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×