郎世寧(カスティリオーネ)

ろうせいねい(カスティリオーネ)
中国諸作家 1688 - 1766(清・乾隆31)

清代初期の外国人画家、宣教師。イタリア、ミラノの人。27歳で来中し宣教活動を行う。後に画技をもって朝廷に奉職し、康煕、雍正、乾隆三朝に仕えた。中国の画家達に西洋の油画技法や明暗法・遠近法を伝える一方、自らは中国の画法を学び、独特の画風を展開。人物、花卉、鳥獣画を得意とし、とりわけ馬を描いた画が優れているとされている。またバロック様式を取り入れた離宮である円明園を設計したことでも知られている。

立馬
立馬
郎世寧(カスティリオーネ)の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名郎世寧(カスティリオーネ)
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×