社長 田中千秋
呉昌碩作品の買取は、東京銀座秋華洞にお任せください。
秋華洞社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で呉昌碩買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし呉昌碩の作品をお持ちでしたら、ぜひ秋華洞にご相談下さい。

呉昌碩

ごしょうせき
中国諸作家 1844(清・道光24) - 1927(中華民国・民国16)

中国近代の書画家、篆刻家。詩・書・画・篆刻ともに精通し、「四絶」と称賛され、中国近代でもっとも優れた芸術家と賞賛されている。初名は俊、のちに昌碩と称した。浙江省安吉の人。

名家に生まれるが、17歳の時に太平天国の乱に巻き込まれ、一家離散の憂き目に遭って湖北・安徽省を流亡。しかし苦しい生活のなかでも勉学は怠らず、篆刻や文字訓詁を熱心に学んだ。

29歳になると杭州・蘇州・上海等に出て、広く師友を求める。仕官を望まず、学を深めながら大勢の師友を得たことで、識見を広め、書へも領域を広げて技量を伸ばしていった。

以後、書や篆刻を売りながら細々と生計を立てたが、50歳に至って任伯年に師事し、本格的に画を学ぶ。やがて上海の富裕層が彼の画を好んで買い始め、その名が世に知られ始めた。

日本でも長尾雨山や河井 廬によって紹介され、大正11年に大阪高島屋で展観が行われてからは書画愛好家の間でも関心が高まり、「中国最後の文人」として広く注目を集めた。

呉昌碩
呉昌碩
呉昌碩作品の査定のポイント

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。
やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。
呉昌碩は近代の中国画家を代表する存在です。
書、画だけでなく、篆刻、詩にも精通した中国文人本来の芸術を全うした最後の人ともいえます。
ですので、画風は「書画一体」、すなわち、書も絵画も同時に大事にする作風で、
書だけ、絵だけの作品もありますし、しばしば絵の中に落款などの形で書が織り込まれています。
 ただ評価としては、一般論として書よりも絵の方が評価は高く、当然大きな作品の方が高いです。
また、水墨のみの作品もありますが、やはり色が使ってある作品のほうが好まれます。
また、中国絵画の特徴として、松竹梅、藤、人物、桃など、典型画題がありますが
、桃はなんといっても縁起がよいものなので、人気も高いです。
比較的構図が複雑で、書も豊か、色も豊かな作品ほど好まれると言えるでしょう。

【贋物・複製】Q:贋作はどういうものですか?
呉昌碩は昔から人気画家なので、贋物も極めて多く、また当然複製の類も少なくありません。
筆つきが稚拙な簡単に見分けがつくものもありますが、簡単に結論が出ないものも多いのが現実です。
 一般論として、箱書きがきちんとしているもの、
表具が洗練され大事にされてきたものはよいものが多いですし、
反対に表具がない、または安っぽい、状態が悪い、などのものは絵自体も駄目な場合が少なくありません。
 また戦後に中国で購入した、あるいはいただいた、という場合は殆ど贋物、複製の事例が多いです。まずは私どもにお持ち込みになりご相談されては如何でしょうか。

【出来栄え】Q:制作年代は評価に影響しますか?
同じ作家のものでも、どうしても出来栄えは作品や年代によって異なります。
描きこみのこまかいものや、その本人の全盛期の作品は評価が高くなります。
呉昌碩の場合、評価はともかく、年代によって描き方や考え方が微妙に変化し
、描き方で年代が推定できる場合があります。
比較的晩年の成熟した画風を評価したいところですが、
それよりは画題出来栄えの評価の方が大きいかもしれません

呉昌碩作品の相続

秋華洞では、呉昌碩作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。
相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

呉昌碩の査定はぜひ秋華洞にお任せ下さい。

呉昌碩は中国芸術のキーワード、「文人」すなわち、たんに職業画家ではなく、諸事学問に通じ、総合的な知の巨匠であることに徹した最後の巨匠ともいえるかもしれません。彼が亡くなったのは1927年、昭和二年。現代のような拝金主義が吹き荒れる世相のはるか昔、日本との交流も両国の文人主義がまだ脈々と息づく時代のもので、骨太の交流が日本の政治家やインテリとの間で交わされていました。
現代中国が呉昌碩の偉業を再評価してもう久しく、もはや彼の評価額は一時期のようにストップ高のような情勢ではなく、むしろ冷静なものですが、本当にずば抜けたものが出てくればまだまだ評価される存在です。明治から昭和初期にかけて、呉昌碩を代表とする文人画家は日本で広く受け入れられまた尊敬されて、生きた存在でした。今もまだまだよい作品が日本のお宅に残っているものと思います。
私どもの家系では、長い間、呉昌碩作品を販売してまいりました。是非ご売却の際にはご相談いただければと思います

呉昌碩の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(03-3569-3620)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 03-3569-3620 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名呉昌碩
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×