江稼圃

こうかほ
中国諸作家 生没年不詳 -

清代後期の書画家。名は泰交、字は連山・大来。浙江省臨安の人。文化元(1804)年に日本へ初来舶。以後数回来日しており、菅井梅関・鉄翁祖門・木下逸雲らが彼に師事した。梅関の号は稼圃より梅の図を送られたことに由来する。黄公望風の山水画を能くし、日本南画界に与えた影響は大きく、伊孚九と並んで「来舶四大家」の一人に数えられている。

墨竹図(仙台歴史博物館)
墨竹図(仙台歴史博物館)
江稼圃の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名江稼圃
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×