牧谿

もっけい
中国諸作家 生没年不詳 -

宋代末期から元代初期にかけて活動した画僧。法名は法常。蜀の人。西湖の畔に臨む六通寺に起居していたという。中国ではあまり評価されなかったといわれるが、賈似道のような大物政治家と関係があったことから、生前は画家として十分評価され、江南山水画の主流に位置づけられていたと考えられるが、死後次第に忘れ去られ、文人画が流行した元代には「粗放にして古法なし」と悪評を受けるに至った。日本では禅宗寺院の交流を通して、14世紀初め鎌倉時代末には伝わった。独特な技法により描かれる、見る者に湿潤な大気を実感させる水墨画は評価が高く、贋作も数多く制作された。室町時代以降の水墨画にも大きな影響を与え、特に長谷川等伯は熱心に牧谿を学んだ。現在でも、牧谿の優品とされる作品は殆ど日本にあり、中国本土や台湾などには殆ど作品が伝わっていない。

観音猿鶴図(大徳寺)
観音猿鶴図(大徳寺)
牧谿の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名牧谿
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×