金農(金冬心)

きんのう(きんとうしん)
中国諸作家 1687(康煕26) - 1763(乾隆28)

浙江省杭州の人。揚州八怪の一人。初名は司農、字は寿門(じゅもん)。冬心の号でよく知られるが、曲江(きょっこう)、昔耶(せきや)など別名も多い。一生官に就かず、各地を旅し、書画を売って生活した。隷書を得意とし、三国時代、呉の「禅国山碑」などを学んで、漢時代の隷書とは趣を異にした独特の書風に行き着いた。このほかに詩文、画にすぐれ、拓本の収蔵も豊富であった。金農は書史をひとりで近代にまで導いたおそるべき巨人であり、その金農の表現を可能にした中国・乾隆帝の時代の底知れない深さを感じることができる。

楷書画竹題記冊
楷書画竹題記冊
金農(金冬心)の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名金農(金冬心)
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×