石濤

せきとう
中国諸作家 1642(明・崇禎15) - 1707(清・康煕46)

清代初期に活躍した画家。俗称を朱若極、石濤は字であり後に道号とした。靖江王府(現在の広西チワン族自治区桂林市)に生まれる。明王家の後裔に当たるが、父が明王家に対する反逆の罪で謀殺されるなど、明末清初という混迷の時代に翻弄された幼年期を過ごす。追われる身となったため、身を隠すために僧侶となり、そこで書画に没頭。武昌、廬山、宣城、南京と地方都市を転々としていたが、40代後半になり、康煕帝から庇護を受けようと上京。しかし仏教を冷遇していた康煕帝の庇護を受けることは出来ず、在野の画家として生涯を終えた。後に黄山派の巨匠として高く評価され、八大山人などと並んで「四画僧」と称賛された。

花果小品
花果小品
石濤の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名石濤
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×