社長 田中千秋
舟越桂作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で舟越桂買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし舟越桂の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

舟越桂

ふなこしかつら
現代アーティスト 彫刻家 1951(昭和26) -

彫刻家。父は舟越保武。弟の舟越直木も彫刻家。
東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
第43回ヴェネツィア・ビエンナーレへの出品以来、その内省的な眼差しを持った肖似性の高い作品が、国内外で高い評価を得る。初期では、楠材に着彩を施し、大理石の玉眼を嵌めた着衣の人物胸像・半身像を特徴としていたが、1990年代以降、人間の身体を変形させた作品や、半人半獣の作品を制作。2000年代以降は、西洋彫刻の観念を取り入れ、裸体彫刻も手掛けるようになる。小説「永遠の仔」「悼む人」(天童荒太著)や「海峡の光」(辻仁成著)など書籍の装丁に作品画像が使われている。
第18回平櫛田中賞受賞、第33回中原悌二郎賞受賞。

舟越桂「月の出る前」
舟越桂「月の出る前」

舟越桂の作品例一覧

舟越桂の査定・お問い合わせ

舟越桂の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00