佐藤朝山(玄々)

さとうちょうざん(げんげん)
彫刻作家 1888(明治21) - 1963(昭和38)

相馬の仏師の家に生まれる。山崎朝雲に師事、さらに1922年渡仏しブールデルの下で彫技を学ぶ。1936年帝国美術院会員。晩年は京都妙心寺にアトリエを構え、仏教彫刻や小動物彫刻を数多く手掛けた。1940年『和気清麻呂』像(竹橋、皇居付近)や約10年の歳月を掛け1960年に完成された『天女(まごころ)』像(日本橋、三越本店)で有名。

佐藤朝山「栗鼠」
佐藤朝山「栗鼠」
佐藤朝山(玄々)作品の所定鑑定人・鑑定機関
 宮本中人
佐藤朝山(玄々)の作品例一覧
佐藤朝山(玄々)の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名佐藤朝山(玄々)
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×