高村光雲

たかむらこううん
彫刻作家 1852(嘉永5) - 1934(昭和9)

江戸下谷(現台東区)に町人の子として生まれる。1863年に仏師高村東雲に入門、その後、東雲の姉の養子となり、高村姓を継ぐ。明治維新後、牙彫の流行が続く中で木彫を貫き、そこに写実主義を取り入れた。1877年内国勧業博覧会で最高賞を受賞。1889年からは東京美術学校に勤務し、彫刻科を指導した。後進の指導に力を入れ、門下に山崎朝雲,米原雲海,平櫛田中がいる。1919年帝国美術院会員。代表作にシカゴ万博に出品した老猿(東京国立博物館蔵;重要文化財)、西郷隆盛像(上野恩賜公園)などがある。彫刻家・詩人の高村光太郎は息子。

高村光雲作品の所定鑑定人・鑑定機関
 高村達
高村光雲の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名高村光雲
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×