木内克

きのうちよし
彫刻作家 1892(明治25) - 1977(昭和52)

海野美盛に学んだ後、朝倉文夫に師事。1916年第10回文展に『平吉』が初入選。1921年より渡英・仏、フランスで15年間を過ごす。その間ギリシアのアルカイックな彫刻に傾倒、テラコッタの技法に習熟する。即興性に富んだ「ひねり」の小品を多く制作している。新樹会会員。1970年紺綬褒章。

木内克
木内克
木内克の作品例一覧
木内克の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名木内克
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×