平櫛田中

ひらくしでんちゅう
彫刻作家 1872(明治5) - 1979(昭和54)

本名は平櫛倬太郎。旧姓は田中。明治15年平櫛家の養子となる。尋常小学校卒業後、大阪に奉公に出て、奉公先の近所に住んでいた人形師・彫刻家の中谷省古に弟子入りし、木彫の手ほどきを受ける。明治30年上京し、翌年高村光雲に自作の観音像の批評を請う。以後光雲に師事するが実際の指導は受けず、兄弟子にあたる米原雲海に強い影響を受けながら独自で研究を進めた。優れた写実力を持ち、独自の深い精神性がこめられた作品を数多く制作。近代木彫を大正、昭和にかけて展開、発展させ、百歳を超えてからも現役の彫刻家として活躍した。帝国芸術院会員。東京藝術大学教授。文化功労者。文化勲章受賞。

平櫛田中「西山逍遙」
平櫛田中「西山逍遙」
平櫛田中作品の所定鑑定人・鑑定機関
 平櫛弘子
平櫛田中の作品例一覧
平櫛田中の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名平櫛田中
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×