石川光明

いしかわこうめい
彫刻作家 1852(嘉永5) - 1913(大正2)

彫刻家。浅草の宮彫師の家に生まれる。家業の木彫を習得する傍ら、狩野素川に画を、菊川正光に牙彫を学ぶ。子どもや動物をモチーフとした愛らしい作品が多い。一方、明治14年の第二回内国勧業博覧会では、牙彫《魚籃観音像》で妙技二等賞を受賞するなど、国内外の博覧会で受賞を重ねた。明治23年に帝室技芸員に任命され、翌年には東京美術学校教授となり後進の指導にあたる。また、東京彫工会でも存在感を示し、日本近代彫刻の礎を築いた。

石川光明「式日の装」
石川光明「式日の装」
石川光明の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名石川光明
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×