吉原治良

よしはらじろう
現代作家 1905(明治38) - 1972(昭和47)

大阪府大阪市の老舗油問屋の家に生まれる。関西学院高等商業部卒業後、父の経営する製油会社に入って勤務するかたわら、絵画制作に没頭した。フランス帰りの洋画家上山二郎の紹介で東郷青児、藤田嗣治を知り、藤田のすすめで二科展に出品。長谷川三郎、海老原喜之助、山口長男らと交友し、1938年に二科会内に設立された九室会にも参加した。1954年には関西の若い画家たちと具体美術協会を結成し、リーダーとして現代美術運動を率いた。戦前から幾何学的な抽象絵画を制作していたが、戦後には鳥と少女像の連作を描き、次第に再び抽象的な作風に移行。晩年には円を主題とする作品群で注目を集めた。

吉原治良
吉原治良
吉原治良作品の所定鑑定人・鑑定機関
 日本洋画商協同組合
吉原治良の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名吉原治良
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×