社長 田中千秋
松谷武判作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で松谷武判買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし松谷武判の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

松谷武判

まつたにたけさだ
現代アーティスト 1937(昭和12年) -

1937年大阪生。初めは日本画を志し、1957年西宮市展日本画部に入選。1960年より吉原治良に師事し、第9回具体美術展に出品。1962年からビニール接着剤を用いたレリーフ状の作品を制作、吉原に高く評価され、1963年具体美術協会会員となる。1966年第1回毎日美術コンクールで大賞を受賞しその後、渡仏。1967年S・W・ヘイターの版画工房に入り、数々の国際版画展で入賞を果たす。1980年代からビニール接着剤で盛り上げたカンヴァスを鉛筆で黒く塗りつぶす作品を発表。2019年6月にはポンピドゥーセンターでの個展が開催されるなど現在も国際的な活躍を続けている。具体美術協会に所属していた。

松谷武判「作品-60-5」
松谷武判「作品-60-5」
動画で解説:松谷武判
【抽象表現主義の第一人者】松谷武判の作品を高く買取しています
松谷武判の作品例一覧
松谷武判の査定・お問い合わせ
松谷武判の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00