田中敦子

たなかあつこ
現代作家 1932(昭和7) - 2005(平成17)

大阪府大阪市に生まれる。京都市立美術大学に入学するが半年で退学。大阪市立美術館付設美術研究所に通い、後に夫となる金山明に助言を受けるようになる。1955年には金山、白髪一雄、村上三郎とともに、吉原治良が主導する「具体美術協会」に参加。様々な色に着色された電球と電気コードに覆われた「電気服」を制作し一躍注目を集める。サム・フランシス等との交流から次第に平面作品へと制作の中心が移行し、大小さまざまの色鮮やかな円と、電気コードのように絡み合った線を表した絵画を制作するようになる。2001年には、回顧展として「田中敦子 未知の美の探求 1954-2000」(芦屋市立美術館、静岡県立美術館に巡回)が開催された。

田中敦子作品
田中敦子作品
田中敦子の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名田中敦子
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×