名和晃平

なわこうへい
現代作家 1975(昭和50) -

彫刻家。発砲ポリウレタンやシリコーンオイルといった様々な素材を用いて、作品を構成する要素や質感を追求。鑑賞者の内に新たな感覚を呼び起こす作品を制作する。なかでも、動物の剥製などに大小のガラスの球を無数に貼り付けた「PixCell」シリーズで広く知られる。芸術祭への出品を重ねるなど国内外で精力的に活動しており、多くの作品がパブリックコレクションとなっている。2009年には、京都市伏見区のサンドイッチ工場跡をリノベーションし、クリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」を設立。現在、京都造形芸術大学准教授。

PixCell-Fork/Spoon
PixCell-Fork/Spoon
名和晃平の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名名和晃平
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×