吉井勇

よしいいさむ
書・墨跡作家 1886(明治19) - 1960(昭和35)

歌人、脚本家 1900年4月に東京府立第一中学校に入学、落第したため、のちに日本中学に転校。漢学塾へ通う。この頃『海国少年』に短歌を投稿し、一位となる。 1909年1月、森鴎外を中心とする『スバル』創刊となり、石川啄木、平野万里の三人で交替に編集に当たる。三月には戯曲「午後三時」を『スバル』に発表。坪内逍遥に認められ、続々と戯曲を発表して、脚本家としても名をあげる。1915年11月、歌集『祇園歌集』を新潮社より刊行。装幀は竹久夢二、このころから歌集の刊行が増える。1919年11月、里見弴、田中純、久米正雄らと『人間』を創刊。土佐での隠棲生活を経てに京都に移り、歌風も大きく変化していった。 戦後は谷崎潤一郎、川田順、新村出と親しく、1947年四人で天皇に会見している。1948年歌会始選者となり、同年8月、日本芸術院会員。 1960年、肺ガンのため京都で死去。

短歌
短歌
吉井勇の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名吉井勇
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×