正岡子規

まさおかしき
書・墨跡作家 1867(慶応3) - 1902(明治35)

歌人。本名常規(つねのり)。 1892年東京帝国大学中退。新聞社に入社、最初は小説を書くも、後に俳句に転じる。「ほとどきす」刊行に携わり、高浜虚子らを育成。「歌よみに与ふる書」を「日本」に連載し短歌の革新を精力的に目指すも長い病床生活の末、35歳で死去。

短冊
短冊
正岡子規の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名正岡子規
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×