沢庵宗彭

たくあんそうほう
書・墨跡作家 1573(天正元) - 1645(正保2)

江戸時代初期の僧。諱(イミナ)は最初秀喜、宗彭(ソウホウ)、号は冥之・東海・暮翁等。道号(ドウゴウ)は沢庵。 10歳で出家し、大徳寺・堺南宗寺等を経て、大徳寺首座に就任。
1629年、後水尾天皇 の紫衣勅許をめぐる動きによって朝幕関係が対立し、出羽上山に流された(紫衣事件)が 、3年後恩赦により江戸に戻される。そのまま家光によって江戸に置かれ、品川の東海寺を開山した。詩歌・俳諧に優れ、茶道にも通じた。著書に『不動智神妙録』『臨済録抄』など。

書状幅
書状幅
沢庵宗彭の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名沢庵宗彭
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×