社長 田中千秋
野口雨情作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で野口雨情買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし野口雨情の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

野口雨情

のぐちうじょう 
書・墨跡作家 1882(明治15) - 1945(昭和20)

茨城生まれの詩人、童謡・民謡作詞家。北原白秋、西條八十と並ぶ「童謡三大作詞者」の一人。本名は英吉。生家は、かつて水戸徳川家藩主の御休息所にもなった名家であった。明治30年、東京数学院中学へ入学。(のち、順天中学に編入)この頃、小川芋銭と知り合う。明治34年中学卒業後,東京専門学校高等予科文学科(早稲田大学)へ入学し坪内逍遙の薫陶を受ける。明治35年、文芸雑誌「小柴舟」によって詩壇に登場。明治37年父の死により帰郷、家督相続、そして高塩ひろと結婚。翌年、処女詩集「枯草」を自費出版。明治39年新聞記者として北海道へ渡り,石川啄木と知友となる。明治42年北海道を離れ、帰郷後に上京する。大正4年、妻ひろと離婚の後に現いわき市常磐湯本町の柏屋に移り、詩作活動を続ける。大正7年、水戸へ出て「茨城少年」の編集にあたりながら童謡作品を発表。翌年、西条八十等の紹介で児 童雑誌に童謡作品の発表を開始。その後、「船頭小唄」「七つの子」「赤い靴」 「青い眼の人形」等の数多くの作品を世に出す。この時期ごろから国内外への童謡・民謡普及のための講演が多くなる。大正19年、宇都宮郊外に疎開。昭和20年、他界。享年63歳。

野口雨情の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名野口雨情
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×