小堀遠州

こぼりえんしゅう
書・墨跡作家 1579(天正7) - 1647(正保4)

大名、茶人。本名小堀政一(まさかず)。近江小室藩主で徳川家の茶道指南役、作事奉行(建築・造園)。1608年従五位下遠江守に叙せられたことから通称遠州と呼ばれる。千利休・古田織部の流れを汲みつつ、新しい美意識に基づいた「綺麗さび」という茶道を完成させ、現在も遠州流・小堀遠州流として続いている。生涯で開いた茶会は数百回、後水尾天皇をはじめとする寛永文化の中心人物。

和歌入消息
和歌入消息
小堀遠州の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小堀遠州
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×