古田織部

ふるたおりべ
書・墨跡作家 1544(天文13) - 1615(慶長20)

武将、茶人。 本名 重然(しげてる/しげなり)。通称佐介。織部の名は従五位下織部正の官位に由来する。織田信長・豊臣秀吉に仕える。千利休に弟子入り、利休七哲の一人と称される。 織部焼、織部流創始者。1615年豊臣氏に内通したとの嫌疑により切腹。享年72。弟子に小堀遠州・上田重康ら。

消息
消息
古田織部の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名古田織部
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×