華岡青洲

はなおかせいしゅう
書・墨跡作家 1760(宝暦10) - 1835(天保6)

江戸後期の外科医 名は震、字は伯行、俗称雲平、随賢ともいう。医者の家に生れ、23歳で上京し医学を学ぶ。紀伊に戻り長年の研究の結果「通仙散」という麻酔薬を完成させ、世界で初めて麻酔による外科手術を成功させた。また、「春林軒」において診療と門下生の指導にあたり、天保4年(1833年)には紀伊藩「奥医師格(おくいしかく)」となるも一般患者を診察し続けた。享年76歳。

九言二句二行
九言二句二行
華岡青洲の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名華岡青洲
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×