頼山陽

らいさんよう
書・墨跡作家 1780(安永9) - 1832(天保3)

江戸後期の儒者・漢学者。名は襄、字は子成、山陽は号である。大阪に生まれ、一家とともに広島に移住する。後に上京、田能村竹田、青木木米、中村竹洞、浦上玉堂、春琴父子ら文人、画人と親交を結ぶ。書家として名高く、始め父春水の書風に学び、明の董其生、宋の蘇東坡らの書画に私淑、暢達な書を残した。画では中国文人画風の習得、また日本の文人、画人との交わりを通し、特に40歳以降、気韻高い水墨画を描いた。著書に歴史書「日本外史」「日本政記」、また自選の詩集『山陽詩鈔』、門人が編集した『山陽遺稿』などの詩文集がある。

書状
書状
頼山陽の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名頼山陽
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×