藤原定家

ふじわらていか
書・墨跡作家 1162(応保2) - 1241(仁二2)

鎌倉初期の公家、歌人。藤原俊成の子。寂蓮は従兄弟。父俊成より『古今和歌集』を伝授され『明月記』を執筆。『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』の撰進をする。著書に歌論書『近代秀歌』『毎月抄』。70歳を過ぎて権中納言に叙されるが翌年出家して法名を明静とする。

消息
消息
藤原定家の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名藤原定家
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×