烏丸光広

からすまるみつひろ
書・墨跡作家 1579(天正7) - 1638(寛永15)

室町時代から続く烏丸家(名家で代々和歌を得意とした)の当主で官位は従二位行権大納言。 法名は泰翁、法号は法雲院。清原宣賢に儒学を学び、細川幽斎に和歌を学ぶ。1609年(慶長14年)におきた猪熊事件(侍従猪熊教利による女官密通事件)に連座し一時官をとかれるなどの一面もあるが徳川家光の歌道指南役を務め、後水尾上皇の信任も厚かった。主な作品「黄葉和歌集」、著書に「耳底記」「東行記」「あづまの道の記」、仮名草子に「目覚草」。俵屋宗達の「細道屏風」の画賛。

和歌懐紙
和歌懐紙
烏丸光広の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名烏丸光広
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×