高野長英

たかのちょうえい
書・墨跡作家 1804(文化元) - 1850(嘉永3)

通称は悦三郎、本名は譲、号は瑞皐。医学と蘭学を学び長崎鳴滝塾でシーボルトに師事する。江戸にて町医者を開業、渡辺崋山らと尚歯会を結成。開国を論じ「戊戌夢物語」を発表するが幕府を批判するものとして投獄(蛮社の獄)される。後に脱走し沢三泊の名前で江戸に戻り、町医者として活動するも幕府に発見され自害した。享年47歳。

高野長英の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名高野長英
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×