高橋泥舟

たかはしでいしゅう
書・墨跡作家 1835(天保6) - 1903(明治36)

名は政晃。通称謙三郎。のち精一。後年、泥舟と号した。勝海舟、山岡鉄舟とともに幕末の三舟と称され、泥舟は鉄舟の義兄にあたる。槍一本に生きたといわれ、15代将軍徳川慶喜の側近として信頼厚く、忠誠心の強い人物であった。明治4年(1871)廃藩置県後は職を辞し東京に隠棲し、書画骨董の鑑定などに後半生を費やした。

一行書
一行書
高橋泥舟の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名高橋泥舟
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×