仙崖禅師

せんがいぜんじ
書・墨跡作家 1750(寛延3) - 1837(天保8)

1750年美濃国武儀郡高野村(武芸川町高野)字大野の貧農、井藤甚八の子として生まれる。11歳のとき美濃の清泰寺の空印和尚について得度し、40歳のとき博多の聖福寺の第23世の法灯を継ぐ。博多の仙崖と呼ばれ、権勢にこびず独自の境地で数多くの洒脱、飄逸な作品を描いた。俳画的な墨画に傑作を多く残した。法名は義梵。天保8年(1837)、88才で没。

老人六歌仙 (出光美術館蔵)
老人六歌仙 (出光美術館蔵)
仙崖禅師の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名仙崖禅師
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×