森鷗外

もりおうがい
書・墨跡作家 1862(文久2) - 1922(大正11)

小説家、評論家、文学・医学博士、官僚。本名、林太郎(りんたろう)。石見国津和野出身。東京帝国大学医学部 卒業。 大学卒業後、陸軍軍医になり、官費留学生としてドイツで4年過ごす。帰国後、小説や翻訳を発表し、また自ら文芸雑誌を創刊して文筆活動にる。その後、軍医総監となり、一時期創作活動から遠ざかったが、『スバル』創刊後に『ヰタ・セクスアリス』『雁』などを執筆。『阿部一族』『高瀬舟』などの歴史小説、史伝『渋江抽斎』を書いた。なお、帝室博物館総長や帝国美術院(現日本芸術院)初代院長なども歴任している。

書簡幅
書簡幅
森鷗外の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名森鷗外
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×