千利休

せんのりきゅう
書・墨跡作家 1522(大永2) - 1591(天正19)

安土桃山時代の茶人。何も削るものがないところまで無駄を省いて、緊張感を作り出すというわび茶の完成者として知られる。現在の茶道千家の始祖である。 大阪堺の商家に生まれ、早くから茶の湯の道に入り、23歳頃には茶人として知られるようになる。その後、織田信長に茶頭として雇われ、のちに豊臣秀吉に仕えた。秀吉とともに禁裏茶会や北野大茶湯を催すなど、茶の湯の第一人者となったが、秀吉の怒りにふれ切腹を命じられる。享年70歳であった。

書状幅 柴山宗綱宛(大阪青山歴史文学博物館蔵)
書状幅 柴山宗綱宛(大阪青山歴史文学博物館蔵)
千利休の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名千利休
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×