銀座の画廊で働く社長ブログ

秋華洞の社長、田中千秋オフィシャルブログ。 近代絵画・古美術を扱う美術商。「秋華洞・丁稚ログ」改題。

*



棟方志功の鑑定・査定について

   

棟方志功の問い合わせが最近なぜか若干増えているので、少しここで書いておきます。
ちょっとお客さん向けの文章なので、ですます体でいきましょう。
棟方志功ってですね、これはすごく強いコンテンツです。日本国の。ともかく、その存在感が衰えることがない。いわゆる相場も、あまり下がらない。やっぱり、屹立度が高いのだと思う。関係ないけど、東郷青児という作家も、あんまり下がらない。
あ、ですます体忘れました。ですますで行きます。
東郷青児も、やっぱり、屹立しています。好みは別れると思いますよ。銀河鉄道999のメーテルを青くしたような?メルヘンな女性像。でもね、やっぱり、屹立していて、どの作家にも似ていないのです。このどこにも依存しないで、すっくと立っている作家は、時代の波のなか、生き残るのだな、と思います。
ムナカタは、何か、青森、あるいはニッポンの土着的なものから、直接養分を吸い上げて育てたような画風です。そもそもハイカラな洋風版画の勉強から始めたにもかかわらず、辿り着いたのは誰にもマネの出来ない、ヤオロズの神様と女性、そしてエロスへの崇拝を謳った作風。村上華岳がどこまでも崇高で孤高なエロス、あるいはちょっと気取り屋さんの影があるのに比して、どこまでもあけっぴろげ、気がつけばそこに棟方がいる。でも何か、日本に古来からいる、「カミ」とつながっている気がします。
 そして、鑑定の話。アリテイに言って、さあこの棟方の版画、いくらのお金になるんですか?鑑定してください。はい、わかりました。では調べましょう。さあどうするか。どうするのでしょう。
 実は、真贋の白黒をつける「鑑定」にかんしては、棟方志功の場合、「棟方志功鑑定委員会」というものが存在しまして、ここがやることに決まっています。有料です。価格は、彼らにお問い合せいただきたいです。(ブログは残るので、価格が改訂されたときに、対応できないので、書きません)
 ただし、棟方は非常に贋作が多いんですね。また、なぜか木版のリトグラフや、複製など、素人目にはわかりにくいエスタンプ(複製)もあり、さらには風呂敷やハンカチにプリントしたものなど、いろいろあって、ややこしいことこのうえない。鑑定シールにも、よくできた偽物があって、人間不信になりそうになります。多少は人間不信になっておかないと、美術品は扱えないといっても過言ではありませんね。
 ですので、できれば鑑定委員会にいきなり持って行くよりは、私どもで見させていただくのを、おすすめします。持って行っても、100%ダメなことが明らかな作品は、やはりありますので(上記のエスタンプなど)、これは、私ども美術商で見たほうがよいと思います。そのうえで、鑑定委員会に持っていったほうがいいでしょう。私どもでお預かりして、持っていくことももちろんできます。
 棟方はもちろん、版画とばかり限らず、肉筆作品や、油彩画も多数あります。書も。どれも、なかなかよいのですが、評価が高いのは、やはり本業である版画です。私どもとしては、多数お客様もいるので、ぜひお譲りいただきたい銘柄です。「なんとなく幾らかな」「これ鑑定だした方がいいのかな」と思ったら、どうぞご相談くださいね。昨日の記事に忙しい忙しいと書いてますが、これが仕事ですので、ちっとも忙しいことありません。遠慮無くご相談ください。

 - 美術の世界あれこれ