銀座の画廊で働く社長ブログ

秋華洞の社長、田中千秋オフィシャルブログ。 近代絵画・古美術を扱う美術商。「秋華洞・丁稚ログ」改題。

*



鑑定団の値段

   

昨日のテレビ鑑定団では、維新の志士の貼り混ぜ屏風が出品されて、なんと300万の評価がついていました。お持ち込みになった方の評価が50万円。紳助さんが、海舟の手紙は高いと思いますよ、との評だが愕きの結果に。

いくらなんでもあの値段は高すぎるのじゃないかと思いました。実際には、30万から70万くらいの販売価格が適正ではないかなと。普段売買に携わっていない方が評価してしまうことの適切性を考えさせてしまいます。

 - 未分類