銀座の画廊で働く社長ブログ

秋華洞の社長、田中千秋オフィシャルブログ。 近代絵画・古美術を扱う美術商。「秋華洞・丁稚ログ」改題。

*



甲斐庄楠音

   

甲斐庄楠音の特集をおんらいんぎゃらりぃでやっているので、ちょっとチェックしてみて欲しい。

2-87-80.jpg
 甲斐庄楠音の存在は、忘れてはならない存在である。
 現代の「自我」表現としての「美人画」の系譜に、初めて日本美術史的にはとりくんだ画家ではないだろうか。もちろんこの時期、多くの女流美人画家が、自意識との葛藤のなかで、屈折した美人画を描いていたのだけども、楠音は男と女の性を往還する自意識という立ち位置を明確に主張した初めての画家でもあった。
 わたしたち画商が扱うのは、画集によく載っているような極端な表現よりも、案外日常的な表現の作品であるが、そのなかにも、優れた技術や、何かバランスを欠いたバランスともいうべき異様な美しさをたたえている。どうしても表現のための表現に過激に走り、走らざるを得ない現代美術家に比べると、はるかに抑制的な表現が実際には多いけれども、そのぶんだけ、画面が私たちに手招きをしているような引力をそなえている。

 - 新入荷, 美術の世界あれこれ