銀座の画廊<秋華洞>社長ブログ

秋華洞の社長、田中千秋オフィシャルブログ。 近代絵画・古美術を扱う美術商。「秋華洞・丁稚ログ」改題。

*



日本橋、小津和紙さん

   

そのあとは、同じく日本橋の「小津和紙」さんに足を伸ばす。ここも創業350年。350年って何年前?というかいつ頃?・・・答えは承応二年(1653年)。徳川幕府開闢してまだ50年くらいの頃だが、将軍はすでに4代家綱に変わっている頃。

http://www.ozuwashi.net/index.php

時間がなかったので、このお店にある美術館や、喫茶はお邪魔しなかったが、浮世絵をはさむのに使う奉書紙などを多少購入させてもらった。小柄な美しい店員さんが、広い店内をきびきびと駈けて、丁寧に優しく説明してくれる。日本橋は老舗+現代的+専門性+親しみやすさ、が特徴なのかもしれない。(それに比べて、銀座のお店、画廊はチトお客様の扱いが下手かも。)最近日本橋ツアーが人気なのもうなずける。

ちなみに、このお店は日本画家の御用達のお店。院展日展の重鎮も訪れるらしい。小杉放菴が好んだ放菴紙、栖鳳が作らせた栖鳳紙、あるいは大観氏、なども置いている。

 - お知らせ, 日常, 日本橋

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。