銀座の画廊で働く社長ブログ

秋華洞の社長、田中千秋オフィシャルブログ。 近代絵画・古美術を扱う美術商。「秋華洞・丁稚ログ」改題。

*



「 ちょっと専門知識 」 一覧

伊藤晴雨

http://www.japanese-finearts.com/item/se …

歌麿という謎と富士の山

歌麿という存在は、杳としてつかみにくい。 つかみにくいけれど、すぐそこに見えてい …

川瀬巴水その孤独と栄光

川瀬巴水その孤独と栄光  浮世絵の世界の清々しさは、その職人ぶりの爽やかさだ。 …

橘小夢のみた夢

  2013/05/16    ちょっと専門知識

橘小夢の作品をご注文いただいた。今回は版画だが、私どもでは、過去に肉筆作品も扱っ …

ギャラリーフェイク、美術をささえるひとびと

次号のカタログの原稿をWEB的に直してみました。 「ギャラリーフェイク」という漫 …

日本画が亡びるとき(秋華洞ニュースレター最新号の原稿です)

日本画が亡びるとき  この標題は、もちろん水村早苗さんの近著『日本語が亡びるとき …

中国書画、斉白石、呉昌碩

  2010/10/11    ちょっと専門知識

今はヨノナカが節目というか、民主党という「無政府状態」で国が漂流しつつ、経済の主 …

Google,AJAX,日本の未来

  2010/03/15    ちょっと専門知識

「IT」といえば、みなさん、Googleの技術、おしなべて言えばAJAXの技術、 …

カタログ22号最終稿、浮世絵会、正札会

カタログ22号は最終稿を夕べ提出。ともかく正月用の作品に間に合わせないといけない …

日曜美術館『加山又造』

先週だったか放送された『加山又造』特集を見た。 もちろん日曜美術館である。NHK日曜朝九時の番組。 思いがけず、良かった。 五木寛之がゲストなのだが、非常に的確。 「きたいものがきれい、きれいなものがきたない」というのが「芸術の常識」。ところが、加山は「きれいな物」を「きれい」に描いた。これは加山が…