ピカソの作品を探しています。現代でも価値が衰えない理由は?
長年美術品の買取の経験を積んだ専門家が査定します。
91年の生涯に制作した作品数は15万点余り。数多くの素晴らしい作品を残したピカソですが、作品相場はその時代、図柄、サインの有無、状態によって大きく変わってきます。
長年美術品の買取の経験を積んだ専門家がお客様のピカソ作品を査定します。お気軽にお問い合わせください。

ピカソ

Pablo Picasso
海外作家 1881 - 1973

スペインのマラガに生まれフランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。20世紀で最も影響を与えた芸術家のひとりで、ジョルジュ・ブラックとともにキュビスムの創始者である。生涯におよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であるとギネスブックに記されている。>さらに詳しく

ピカソ「Figure composée」
ピカソ「Figure composée」
ピカソの査定ポイント

20世紀を代表する芸術家であるピカソは、「キュビズム」と呼ばれる芸術運動の創始者として知られています。その生涯に制作した作品数は15万点にもなります。それが故に作風は時代によって分類されて「青の時代」「桃色の時代」「キュビズムの時代」「新古典主義の時代」「シュルレアリズム時代」と分けて呼ばれることがあります。分類が必要であるほどに多作であったということです。

現代でも価値が衰えない理由の一つとして、91年の生涯に渡って継続した向上心と飽くなき探究芯、そして多彩な作品群に人々が魅了されたからだと言えるでしょう。作品相場はその時代、図柄、サインの有無、状態によって大きく変わってきます。

ピカソの生涯
ピカソ「帽子を被った女」
ピカソ「帽子を被った女」

パブロ・ピカソは、おもにフランスで活躍したスペイン⽣まれの20世紀最大の芸術家。

ジョルジュ・ブラックとともに、20 世紀における造形上の最も⼤きな変⾰であった「キュビスム」の創始者として知られており、「アヴィニョンの娘たち」はその始まりを告げる作品として評価が⾼い。ピカソは⽣涯を通じてさまざまな様式を作品に反映し、常に新境地を切り開き、20 世紀の美術界を牽引した。

貧しい⼈々の⽣活を⻘い⾊調で描く「⻘の時代」、静かな優しさ・愛がテーマとなる「バラ⾊の時代」など、その作品群は時代ごとに区切られて語られることが多い。第⼆次世界⼤戦後、⽼いてなお創作意欲は衰えず、版画・陶芸の分野においても多数の作品を制作する。

1881年 パブロ・ピカソ、スペインのアンダルシア地方マラガに生まれる
1895年 バルセロナで父が教えていたラ・リヨンハ美術学校に入る。
1897年 マドリッドの美術展で「科学と恩寵」が受賞。最初の個展。
1900年 ピカソ、最初のパリ旅行。画商マニャックと契約。
1901-04年 青の時代
1904-07年 バラの時代
1904年 4度目のパリ滞在。モンマルトルの「バトー・ラヴォワール(洗濯船)」に住む。
1909-18年 キュビズムの時代
1909年 クリシー通りに移る。分析的キュビスムの作品を制作。ドイツで最初の個展。
1918-25年 新古典主義の時代
1936年 スペインに内乱勃発、ピカソは人民戦線を支持し、プラド美術館館長となる。
1939年 ニューヨーク近代美術館で「ピカソ芸術の40年」展。
1945年 ピカソ、リトグラフに熱中。この頃から南仏に長く滞在する。
1946年 ヴァロリスで陶器をはじめる。
1950年 ヴェネチア・ビエンナーレで特別陳列。「鳩」のポスターを制作。
1951年 東京で初のピカソ展。
1952年 「戦争と平和」を制作。
1958年 パリのユネスコ会館に「堕天使」を制作。リノカット版画をはじめる。
1960年 ロンドンで大回顧展。
1961年 東京でのピカソ版画展。「草上の食事」を発表。
1962年 ニューヨークで、ピカソ80歳記念展。東京で「ゲルニカ」展。
1966年 パリで85歳の記念大回顧展。ロサンゼルスで「ピカソ版画の70年展」。
1968年 「347点の銅版画」展がパリ、トロント、シカゴで開催。
1970年 バルセロナのピカソ美術館に約900点の作品を寄贈。
1972年 ロンドン、パリ、ニューヨーク各地で「オマージュ・ア・ピカソ」展開催。
1973年 4月8日朝アルプ・マルチーム県ムージャンのノートルダム・ド・ヴィの自宅で死去。

美術品の売却は、ぜひ信頼できる美術商をお選びください
社長 田中千秋
社長 田中千秋

弊社では美術品を売るときも、買うときも、それきりでなくて、一生のお付き合いを考えています。さらには、世代を超えて、代々お付き合いできる関係を目指しております。
スタッフにも「ともかくたくさん買えば良い」ではなくて、「お客様にどうしたら、最も、お役に立てるのか、考えて動きなさい」と伝えています。

本当にお客様の心に寄り添う
一生のお付き合いをする

そういう美術商として、みなさんとお付き合いできれば、と考えております。

パブロ・ピカソの査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名パブロ・ピカソ
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×