美術品買取日記:歌麿の春画

女性のお客様が春画をお持ちになりました。

お父様の遺品で、ずっと箪笥の奥に眠っていたそうです。

 

誰が描いたか分からないないし、ボロボロなんです、

と申し訳なさそうに袋から取り出したそれは、

歌麿の春画でした。

 

歌麿の春画買取

春画の出版は幕府から禁じられていたため、浮世絵師は隠し落款や隠名を使っていました。

絵師を調べるには隠し落款を探したり、顔や画題がヒントになります。

 

お持ちいただいた作品は、

残念ながら三冊揃の1冊のみでしたので、

もし3冊揃っていたらさらに高く買い取ることができたと思います。

 

でもお客様には大変喜んでいただけました。

恥ずかしいから捨てようと思っていたそうです。

 

貴重な作品、買い取ることができて本当に良かったです。

次の世代へ大切に引き継いでいきます。

 

ご来店ありがとうございました。

まずはお気軽にお電話ください。 03-3569-3620簡単査定フォーム