谷文晁の作品が贋作であることが判り納得ゆきました。