竹内栖鳳

たけうちせいほう
日本画家 1864(元治元) - 1942(昭和17)

日本画家。本名恒吉。明治14年四条派の幸野楳嶺の画塾に入門。棲鳳の雅号を受ける。20年京都府画学校北宗画科を修了し、画家として独立。22年から京都市立美術工芸学校教諭となり、この前後、様々な展覧会で受賞を重ねる。33年渡欧、翌年帰国して雅号を栖鳳と改める。40年に文展が開設されると、第1 回展から毎年審査員を務め、自身も意欲的な出品で注目を集めた。また、大正9年と10年の二度にわたって東洋画の源流を訪ねるために中国へ旅行し、代表作で重要文化財の「班猫」は、そののちに描かれた。京都画壇の総師として多くの名作を残し、逸材を育成、日本画の近代化に大いに貢献する。昭和12年に横山大観とともに第1回文化勲章を受章。

竹内栖鳳「鯖」
竹内栖鳳「鯖」
竹内栖鳳作品の査定のポイント

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
動物画を得意とした竹内栖鳳は、雀や家鴨、兎といった身近な生きものを多く描いています。こうした親しみやすい画題の作品は、小品であっても特に人気です。ただし栖鳳の場合、どの図柄が特別に高いなどという法則は必ずしもありません。生き物以外、風景や静物など、何を描かせても筆の勢い強く見事な画面に仕上げてしまう才能のある画家ですが、比較的簡素な図柄も多く、そうしたものは比較的安いですし、大胆な構図で色使い豊かに風景を切り取った作品などは反対に高く評価することができるでしょう。

【出来栄え】Q:制作年代は評価に影響しますか?
同じ作家のものでも、どうしても出来栄えは作品や年代によって異なります。描きこみのこまかいものや、その本人の全盛期の作品は評価が高くなります。竹内栖鳳の場合、若いときの作品はタコ落款などと呼ばれる縦長のサインが入っており、やや荒削りの作品であることが多く、やはり晩年の熟成した作風のものが評価が高いです。

【状態】Q:軸がぼろぼろです。直してから出したほうが評価は上がりますか?
 竹内栖鳳作品に限らず、美術品を評価するうえで状態はとても重要です。ヤケやシミ、破れなどがある場合はその分評価が下がってしまいます。ただ、直してからお持ち込みになっても、かけた費用の方が、上がった評価よりも高い場合がしばしば見られます。ご自分で直さず、まずはそのままお持ちください。

ただし栖鳳の場合、ぼろぼろ、という場合は、いわゆる「工藝画」など、複製作品のケースがほとんどです。

【サイズ】Q:作品は大きければ大きいほど評価額も高くなりますか?
竹内栖鳳の場合は、掛け軸の作品が大半で、縦の細身の軸、幅広の縦構図の大作、横ものの図などが多く、たまに屏風作品もあります。大きい方が評価は高いと思われますが、必ずしも比例するわけではなく、ケースバイケースです。

【鑑定書】Q:鑑定書がありません。取ってから持ち込んだほうが良いですか?
栖鳳の場合、私どももメンバーである美術商の協同組合「東京美術倶楽部」で鑑定・登録を行っています。ただし、鑑定の取得は有料ですので、まずは真贋の可能性、評価などを確認するために、私どもが無料でご相談に応じます。

弊社では鑑定書取得の代行も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

【共箱、共シール】Q;掛軸が入っている箱は評価に影響しますか?
 共箱、共シールは竹内栖鳳作品を高く評価する上で重要な要素です。共箱とは掛軸の箱に作家自身が作家名、タイトルを書いたものです。共シールは、作家のサインと作品名が記されるとともに印が押されたシールで、額の後ろに貼られています。いずれも作家自身がその作品の制作を認めたしるしとして、真贋を見極める際、大変重要です。栖鳳の箱書きは、それ自体が芸術といえるほど書体が美しく、それだけに真贋判断の材料にもなります。その他、親族の箱書きなどの場合もあります。これは共箱とはいわず、評価も下がります。
ですので、写真をお送りになる場合、箱書きの写真もお送り下さい。

竹内栖鳳作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
竹内栖鳳の作品例一覧
竹内栖鳳作品の相続

秋華洞では、竹内栖鳳作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

竹内栖鳳の査定は秋華洞にお任せください

栖鳳の画風は軽妙洒脱、疾風怒濤、日本画というジャンルがあるとすれば、歴史上もっとも筆力のある実力ナンバーワンの画家であるといえるでしょう。大切な栖鳳作品を是非私どもにおまかせ下さい。

竹内栖鳳の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名竹内栖鳳
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×