サイトマップ|携帯サイト|English

加藤唐九郎(かとうとうくろう)のプロフィールと作品 | 美術品の鑑定/査定なら業界屈指の鑑定眼で高額買取の秋華洞

HOME >  取扱作家/作品 >  工芸作家 >  加藤唐九郎
加藤唐九郎(かとうとうくろう)作品のご売却(買取)のご相談
 
銀座 秋華洞では、加藤唐九郎作品を積極的に扱っております。
加藤唐九郎作品のご売却・無料査定(お見積もり)・鑑定のご相談承ります。

加藤唐九郎(かとうとうくろう) [工芸作家]


加藤唐九郎『あけぼの志野』 
加藤唐九郎 (かとうとうくろう)プロフィール
1898(明治31)愛知〜1985(昭和60)愛知 

  愛知県東春日井郡(現瀬戸市)、製陶業を営む家に生まれる。本名加納庄九郎、後に祖母方の姓を継ぐとともに改名、加藤唐九郎となる。製陶の企業経営を諦め、昭和2年より陶芸の個人作家に専念。4年「瀬戸古窯調査保存会」結成、常任理事となる。6年帝展に《黄瀬戸魚紋花瓶》出品、初入選。昭和22年日本陶磁協会理事に就任、翌年日本陶芸協会設立、理事長に就任。27年織部で無形文化財有資格者に認定。29年、荒川豊蔵、石黒宗麿、加藤士師萌、金重陶陽らと「桃里会」を結成。昭和35年《永仁の壺》問題が起き、全ての公職を辞任、作陶に専念する。桃山茶陶に魅せられた作陶を続け、特に晩年、感性の発露をみせた。昭和40年、毎日芸術大賞受賞。著書『陶磁器大辞典』(1941〜)他多数。

各種お問合せについて

WEBでお問い合わせ:お問い合わせページ お問い合わせページでは、加藤唐九郎の
オンライン査定・見積もりもご利用いただけます。
E-mailでお問い合わせ:info@syukado.jp Eメール(info@syukado.jp)で作品画像や詳細説明をお送りいただいても結構です。
お電話でお問合わせ:03-3569-3620  

秋華洞のご紹介

販売責任者・弊社社長 田中千秋 弊社社長 田中千秋 加藤唐九郎作品の査定・買取りのお問い合わせの際は秋華洞にご用命下さい。ご満足いただけるお値段で買取りさせて頂きます。その他、売却や鑑定に関してわからないこと、不安なことなどございましたら遠慮なくお尋ね下さい。誠心誠意お答えいたします。
創業者 田中自知郎 創業者 故 田中自知郎 40年美術業界で培った経験を元に、加藤唐九郎作品を責任を持って査定させて頂きます。ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。なお、加藤唐九郎作品買取りのお見積もりは無料です。
 
カタログ誌「秋華洞」
カタログ誌「秋華洞」
隔月にて発行の美術品カタログ誌「秋華洞」でも様々な作品を取り上げます。是非カタログをご請求下さい。
無料にて発行しております。

カタログ誌「秋華洞」のご請求はこちら
 
お電話でお問合わせ:03-3569-3620
お気に入りの作品が見つからない方(ご購入)は、お電話でお問い合わせください。
 
絵画買取
お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ 年中無休10:00〜18:00
お問合わせ:info@syukado.jp 電話番号03-3569-3620 年中無休 10:00〜18:00 美術品販売お求めの方はこちら
▲ページトップへ