社長 田中千秋
田中訥言作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で田中訥言買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし田中訥言の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

田中訥言

たなかとつげん 
絵師など(江戸まで) 1767(明和4) - 1823(文政6)

尾張生まれの絵師。名は痴。号に、痴翁、虎頭、晦存、求明等。復古大和絵の祖。幼少期に日蓮宗の寺に入門、後に比叡山延暦寺で天台宗を学ぶ。京狩野の石田幽汀に手ほどきを受け還俗。土佐光貞を師事し、土佐派の画法を学ぶ。さらに藤原信実、春日光長の画巻を研究し、古土佐の復興を唱えた。1788年、22歳で法橋。1790年、新御所造営の障壁画製作。平安・鎌倉時代の古土佐や漢画の古典を模写・研究。落款に見られる号として1817年尾張で展示即売会「二百幅画会」を開催。1818年には色彩研究書『色のちくさ』刊行。門下に浮田一蕙や渡辺清らがいる。1823年、他界。享年57歳。

田中訥言の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名田中訥言
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×