天明屋尚

てんみょうやひさし
現代作家 1966(昭和41) -

現代美術家。東京都に生まれる。レコード会社でアートディレクターとして勤務したのち、美術家に転向。南北朝時代の婆娑羅から、戦国時代の傾奇者を経て、幕末の浮世絵師、現代のヤンキー文化へと続く美意識を「BASARA」と名付け、自身をその系譜に位置づける。また、権威主義的な美術界と闘う流派「武闘派」や、画材に拘泥しない「ネオ日本画」を標榜。アクリル絵の具などを用いて、現代の文化や風俗を取り入れた作品を発表している。

天明屋尚の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名天明屋尚
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×