代表・創業者紹介

代表取締役 田中千秋

秋華洞として二代目、美術を扱う田中家としては三代目にあたります。
美術や古書画に親しむ育ち方をしてきましたが、若い時の興味はもっぱら映画でした。
美術の仕事をはじめて、こんなにも豊かな美術の世界を知らないで過ごしてきたことがなんと片手落ちだったかと思います。
前職SE、前々職の肉体労働(映画も含む?)の経験も活かして、知的かつ表現力と人情味あふれる、個人プレーでなくスタッフひとりひとりが魂のこもった仕事ぶり、接客ができる「美術会社」となることを目指しています。

昭和40年

京都生まれ

昭和59年

私立武蔵高校卒

昭和59年

東京大学理科一類入学

昭和61年

東京大学文学部心理学科に進学

昭和64年

東京大学文学部心理学科卒

昭和64年

主に自主映画を製作

平成2年

農業に携わる

平成8年

コンピュータ関連の会社で勤務

平成13年

起業と美術商の準備を始める

平成15年

株式会社秋華洞設立
(当初の法人名は有限会社アートオフィスJC。平成17年 株式会社秋華洞に会社名・法人格変更登記)

秋華洞創業者 故 田中自知郎

前会長、田中自知郎は京都で戦前から稀覯本・日本美術を扱ってきた老舗に生まれ、50年にわたり美術業界で活躍しました。戦後すぐは、主として古書画のみ扱っていた家業に、近代美術・洋画などの取り扱いを加え、戦後景気の高まりと共にあらゆるジャンルと国内全国、そして海外への美術品の普及に努めました。親切かつ味のあるご説明に多くのお客様の共感を得て参りました。その遺伝子は今なお確実に秋華洞に息づいております。

昭和10年

京都生まれ

昭和33年

京都大学卒

昭和33年

製糖会社で勤務

昭和36年

書肆思文閣(経営:田中 新)に入店

昭和42年

株式会社思文閣設立。役員として参画

昭和45年

思文閣東京支店開設。支店長として就任。 その後、副社長、副会長に就任

平成15年末

思文閣退社

平成16年

田中千秋と共に株式会社秋華洞 代表に就任

平成24年

死去