掛軸の買取
取扱作品/作家
HOME取扱作家/作品 > 掛軸の買取

掛軸の買取について

 秋華洞では掛軸・洋画・陶磁器、武具、浮世絵、茶道具などあらゆるジャンルの美術品の買取りさせていただいております。親子三代美術商という経験から、長年にわたりお客様に育てていただいた結果、こうした広い範囲の作品について扱うようになりました。その中でも特に得意としているものが日本画や書の掛軸です。また、万一、直ぐにわからない作品のご依頼があった場合も一流の各ジャンルの専門家と連携して査定できますので、安心してもお任せいただければ幸甚です。私どもには、各種美術店さんや国内外の大手オークション会社さんからも査定のご依頼があります。
  • 売却のご依頼はこちら

  • お電話でお問合せ
    03-3569-3620
  • WEBでお問合せ:メールフォーム 選べる買取方法
  • 無料簡易査定

  • お写真で簡単に査定ができます

  • メールフォームからお申込み
 

掛軸をお売りになる際のアドバイス

    お売りになる、価値を見てもらう場合に備えてアドバイスを少々。 まず、掛軸作品は作品のコンディションに加えて、裏書鑑定証などの添付物が大事です。もし査定の前に倉庫を整理することがあっても、そうしたものを無くさないようにお願いします。査定の前に、写真をお送りいただく場合も、そうした添付物の状態がよくわかるよう、何枚か写真を撮り下さい。判断の材料として重要です。

 また「コンディションが悪いと売れないと聞いたから」ご自分の判断で、掛軸の修復を行ったり、額を直したりするケースが多いのですが、これはおやめ下さい。ご自分で楽しみたいから、飾りたいから、手を入れるのならいいですが、「価値を上げるため」にそうした事をやっても殆どの場合、意味がありません。手間のぶん以上に価値が上がることは稀です。私ども含めて、信頼できる懇意の美術商を見つけて、そのアドバイスに従うのが良いでしょう

掛軸いまむかし

 掛軸の買取のご相談で多いのが「飾る場所がなくて・・・」ということです。最近の日本の家屋は和室がないこともあり、せっかくの掛軸が眠ってしまっているという場合も多いようです。

江戸期以前の肉筆絵画作品、あるいは筆跡作品は、その大半が掛け軸です。書院造りから始まった「床の間」文化が日本に根付き発展していったかが分かります。また武将や文人の手紙類などの多くも軸装されています。 実際、秋華洞にもこうした掛軸が多く持ち込まれます。 明治の文明開化を迎えてからは、いわゆる「日本画」は軸装、「油絵=洋画」は額装、という住み分けが出来ました。京都の円山応挙が開発した精緻で洗練された画風や、文人画、大和絵、そして西洋の絵画法をもとりいれながら、実に豊かな「掛け軸」文化となりました。しかし住環境の変化もあり、戦後は、軸装作品の割合は急激に減り、いわゆる「日本画」はその形式が現在99%「額装」となっています。

お父様やおじい様が集めた掛軸、また、ご自身の住み替えの際に美術品を処分なさるかたもいらっしゃいます。秋華洞では長年の経験を元に責任持って査定いたします。どうぞご安心してご連絡ください。

掛軸の鑑定と査定

掛軸の買取をするさい、ふたつのプロセスが必要となります。ひとつは「鑑定」であり、次に「査定」ですね。この二つについてざっくりとご説明します。
「鑑定」は真贋の鑑定です。真贋を判断するには、著名かつ高い評価の作家については、多くの場合、専門の鑑定機関があります。(実は鑑定機関がある作家は一部で、すべての作家にあるわけではないのです。)

  「査定」は、そのものの「価値」をはかることです。本当にみなさんが興味があるのはここではないでしょうか。実際にはいくらで買い取れるかということです。査定については、実は検討するべき要素が非常に多いのですが、大枠でいえば、そのものの美術的な「インパクト」と、同程度のものとの相対的な相場観、そして需給関係で決まります。ですので、査定する側は価値を判断するための経験や鑑識眼が必要になってくるのです。私たちは日々買取業務だけでなく、販売や現代作家のプロデュースもする中で無数の美術品を見ていて、査定価格をお出ししています。また、親子三代に渡り美術商をやってきた歴史もあり、蓄積された経験だけでなく、美術業界に広いネットワークがございます。掛け軸だけでなくどんな美術品の鑑定・査定でも安心してお任せください。

 さて、このように「鑑定」「査定」のプロセスは一応二段階に分かれるとも言えるのですが、ケースバイケースで、一気に「査定」できる作品もあれば、「鑑定」機関に判断をゆだねて次の段階で査定するものもあります。ただ、実際問題としては、その場で買取が成り立つケースがほとんどです。つまり「真贋」についてのリスクを私どもで引き受ける場合も多いという事ですね。  

掛軸の相続

掛軸の相続については、相続時に評価が必要な場合は、是非ご相談下さい。 そもそも評価するべきものかどうかなど、多彩な経験に基づいてアドバイスさせていただきます。
相続の際、絵画だけ、陶磁器だけというケースはむしろ少なく、骨董、掛軸、武具、浮世絵など幅広く集めているケースが多いものです。こうなりますと、整理するだけでも大変です。。さらにジャンル別に個別の業者に依頼すれば、かなりの時間を労してしまいかねません。美術品全般を同時に処分をお考えの場合はぜひ、秋華洞にご相談ください。各分野のエキスパートがいるため、一度にご対応が可能です。蔵ごとの査定も豊富に経験があります。
  また、お客様の美術品の相続について相談を受けている士業の方も、お気軽にご連絡下さい。提携している大手弁護士事務所さんをはじめ、多くの士業(弁護士、税理士、社会労務士)の方のご相談の経験があります。 士業の方へ

掛け軸の鑑定申込はこちら

掛け軸のことならどんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご依頼をスタッフ一同、心よりお待ちしています。
WEBでお問い合わせ:査定お申込みフォーム E-mailでお問い合わせ:info@syukado.jp お電話でお問い合わせ:03-3569-3620
tbs_bn
 
▲ページトップへ
 
お電話でのお問い合わせ:03-3569-3620 美術品の鑑定・買取査定お申込フォーム